2017年8月18日金曜日

インドのヒンドスタン・ペトロリアム社で原油タンクに落雷して火災

 今回は、2017年7月29日(土)インドのアンドラ・ブラデシュ州ヴィサカパトナムにあるヒンドスタン・ペトロリアム社のヴィサカパトナム製油所で原油タンク1基に落雷があり、火災となった事故を紹介します。
(写真はYoutube.comの動画から引用)
< 発災施設の概要 >
■ 事故があったのは、インドのアンドラ・ブラデシュ州(Andhra Pradesh)ヴィサカパトナム(Visakhapatnam )にあるヒンドスタン・ペトロリアム社(Hindustan Petroleum Corporation Limited:HPCL)のヴィサカパトナム製油所(Visakhapatnam Refinery)である。ヴィサカパトナム製油所の精製能力は15万バレル/日である。

■ 発災があったのは、ヴィサカパトナムのマラカプラム(Malkapuram)地区にあるヴィサカパトナム製油所の石油貯蔵地区の原油タンクである。
ヒンドスタン・ペトロリアム社のヴィサカパトナム製油所付近 (矢印が発災した原油タンク地区) 
(写真はGoogleMapから引用)
< 事故の状況および影響 >
事故の発生
■ 2017年7月29日(土)午後6時30分頃、石油貯蔵地区にある原油タンク1基に落雷があり、浮き屋根のリムシール火災が発生した。

■ 製油所の西側から立ち上る黒煙を見て、地元住民の間に不安が広がった。

■ 発災に伴いヒンドスタン・ペトロリアム社の自衛消防隊が現場に出動し、泡による消火活動を実施した。事故当時、雨が降っており、火炎を抑えるのに役立った。

■ 発災のあった原油貯蔵タンク地区には、原油タンクが4基あり、延焼が懸念されたが、火災は制圧され、約1時間後に消された。

■ 事故に伴うケガ人は出なかった。

■ ヒンドスタン・ペトロリアム社は、事故による製油所の操業への影響は無いと発表した。  

被 害
■ 火災によって原油タンクが一部焼損した。被害の範囲や程度は明らかでない。

■ 事故に伴う負傷者は無かった。
(写真はYoutube.comの動画から引用)
(写真はYoutube.comの動画から引用)
< 事故の原因 >
■ 事故原因は落雷によって原油タンクの屋根シール部の可燃性ガスへ引火したとみられる。
 原油タンクには、固定式泡消火設備が設置されていたとみられるが、作動しなかった理由は分かっていない。

< 対 応 >
■ 発災の状況は地元メディアからYouTubeで映像が流されている。 (「 VIZAGVISION:Fire Accident Flames fired withthunderbolt in  HPCL.Visakhapatnam..」「Fire in HPCL Company | Visakhapatnam | ABN Telugu」

■ 地元メディアは、ヒンドスタン・ペトロリアム社ヴィサカパトナム製油所における事故は初めてではないと報じている。1997年9月、製油所の貯蔵地区において液化石油ガスの配管からLPGが漏洩して爆発し、大火災が起った。この事故によって61名の死者が発生し、住民7万人が避難した。2013年8月には、冷却塔の建設中に冷却塔が崩壊し、28名の死者が出た。

補 足
■ 「インド」は、正式にはインド共和国で、南アジアに位置し、インド亜大陸を占める連邦共和国で、イギリス連邦加盟国である。首都はニューデリーで、人口は約12億人で世界第2位である。
 「アンドラ・ブラデシュ州」(Andhra Pradesh) は、インド南東部にある州で、人口は約4,900万人である。
 「ヴィサカパトナム」(Visakhapatnam )はアンドラ・ブラデシュ州の東部にあり、ベンガル湾に面した人口約203万人の港湾都市で、同州で最も大きい都市である。
 
 インドにおける主なタンク事故はつぎのとおりである。
 
■ 「ヒンドスタン・ペトロリアム社」(Hindustan Petroleum Corporation Limited:HPCL)は、1974年に設立されたインドの国営石油会社で、本社はマハラシュトラ州ムンバイにあり、従業員約11,000人の会社である。しかし、インド政府は原油相場の変動に耐え得る巨大石油会社を誕生させる方針を打ち出しており、今年7月、ヒンドスタン・ペトロリアム社はインド石油ガス公社(ONGC)へ売却される計画であることが報じられている。
 ヒンドスタン・ペトロリアム社は、インド西海岸にあるムンバイ製油所と東海岸にあるヴィサカパトナム製油所の2つの主要な製油所を保有している。ヴィサカパトナム製油所は15万バレル/日の精製能力を有している。
ヒンドスタン・ペトロリアム社のヴィサカパトナム製油所 
(写真はThenewsminute.comから引用)
■ 「発災タンク」は製油所の西側にある原油タンク4基のうちの1基という情報から、グーグルマップによって調べてみた。該当の地区とみられる原油タンクは、直径約82mであり、高さを20mとすれば、10万KLクラスである。しかし、発災タンクは特定できなかった。
発災のあった原油タンク地区付近 
(写真はGoogleMapから引用)
所 感
■ インドの雷の発生頻度は少くはないが、多発地域ではなく(「NASAによる世界の雷マップ」を参照) 、このようなところで10万KLクラスの浮き屋根式原油タンクにおいて落雷によるタンク火災が起こるのは珍しいが、見方を変えれば、貯蔵タンクはどこでも落雷によるリスクが潜在しているといえる事例である。
 事故はリムシール火災にとどまったのは幸いだった。原油タンクには、固定式泡消火設備が設置されていたとみられるが、正常に作動しなかったものと思われ、日常の点検が重要であることを示す事例でもある。

■ 消火活動については、固定式泡消火設備が機能しなかったので、大型化学消防車による泡放射が行われているが、最終的には原油タンクの上部に昇って携行式泡ノズルによる泡消火が行われたのではないだろうか。

 注記:タンク浮き屋根の位置(高さ)によるが、浮き屋根の位置が高くてタンク側板越えの泡が有効にシール部に届けば、消火できよう。一方、液位が低いときなどタンク屋根シール部が側板の死角になって泡が有効に届かない場合は、タンクの上部に昇って泡モニターによる泡消火を行う方法がとられる。
 ヒンドスタン・ペトロリアム社」(HPCL)は、製油所紹介映像をYouTubeに掲載「HPCL : plant shoot」しており、この中に大型浮き屋根式タンクへの大型化学消防車(3台)からの泡放射テストの状況がある。この珍しい貴重な映像を見ると、消防車からの泡放射の有効性に限界があることが伺える。  
ヒンドスタン・ペトロリアム社による浮き屋根タンクへの泡放射テストの例 
(写真はYouTube.comHPCL : plant shoot」の動画から引用)
備 考
 本情報はつぎのインターネット情報に基づいてまとめたものである
    ・Thehindu.com, Crude Oil Tank at HPCL Catches Fire,  July  29,  2017 
  ・Timesofindia.indiatimes.com,  Lightning Leads to Fire in HPCL Tank,  July  30,  2017
    ・Thenewsminute.com,  HPCL Crude Oil Tank in Andhra Catches Fire after Lightning Strike in Vizag,  July  30,  2017  
  ・Nyoooz.com,  Lightning Leads to Fire Outbreak in HPCL Tank,  July  30,  2017
    ・Youtube.com,  VIZAGVISION:Fire Accident Flames fired with thunderbolt in HPCL.Visakhapatnam.. ,  July  29,  2017
    ・Youtube.com,  Fire in HPCL Company | Visakhapatnam | ABN Telugu,  July  29,  2017  
    ・Youtube.com, HPCL : plant shoot,  December 24,  2017


後 記: 典型的なタンク火災のひとつである落雷による浮き屋根式タンク火災だったので、多くの情報(報道)が出るかと思っていましたが、世界的な通信社からの発信はなく、ローカルなメディアからの情報だけでした。被災写真はなく、メディアから出されている動画(YouTube)から取りました。しかし、この動画も映りが悪く、紹介する絵(写真)を切り取るのに苦労しました。
 一方、今回の調査をしている際、ヒンドスタン・ペトロリアム社」(HPCL)が大型浮き屋根式タンクへの泡放射テストを行っている状況の映像が出てきました。日本では、三点セットでの大型タンク全面火災は消火できないということが明らかになっていますが、実タンクへの泡放射を見てみると、そのことが分かります。このため、当該事故に直接関係しなかったのですが、所感で触れてみました。

2017年8月10日木曜日

米国テキサス州で消防活動中にタンク噴き飛ぶ(2009年)

 今回は、2009年5月14日(木)、テキサス州ラボック郡ラミーサにあるマスルホワイト運送会社のタンク・ステーションの貯蔵タンクに落雷があり、火災となった後、消火活動中に別なタンクが爆発した事例を紹介します。
< 発災施設の概要 >
■ 事故があったのは、米国テキサス州(Texas)ラボック郡(Lubbock County)ラミーサ(Lamesa) にあるマスルホワイト運送会社(Musslewhite Trucking Company)のタンク・ステーションである。

■ 発災があったのは、マスルホワイト運送会社のタンク・ステーションにある貯蔵タンクである。タンク・ステーション構内には小型タンクが10基ほど設置されていた。
ラボック郡ラミーサにあるマスルホワイト運送会社のタンク・ステーション 
(写真はGoogleMapから引用)
< 事故の状況および影響 >
事故の発生
■ 2009年5月14日(木)、テキサス州ラボック郡のラミーサ地区は激しい天候に見舞われており、あちこちで落雷があった。
 
■ 5月14日(木)午後11時頃、マスルホワイト運送会社のタンク・ステーション内のウィチタ水処理式塩水浄化装置(Wichita Water LLC Saltwater Disposal Unit)のタンクに落雷があり、火災が発生した。黒煙は10キロ先からも見えた。

■ 発災に伴い、ボランティア型のラミーサ消防署とアンドリュース消防署の消防隊が出動し、消防車による消火活動が行われた。

■ 火災発生から約2時間後、タンク・ステーション構内に設置されていた貯蔵タンク群のうち、高さ約25フィート(7.5m)のタンク1基が爆発して噴き飛んだ。タンクの安全弁が開いて火を噴き出してから3秒後にタンクが空中へ飛び出した。この状況は真にロケットの発射のようだった。タンクから漏れた油に火がついて火災は大きなファイアボールを形成した。そして、その5秒後には、別のタンクの頂部が壊れて飛んだ。損壊した頂部は落下すると、地面を約10秒ほど転がった。

■ 火災は、9時間以上続いたのち、消えた。

■ この爆発を伴った火災の消火活動に従事していた消防隊は、奇跡的に軽傷者が1名のみだった。負傷者は、一人の消防士が両足首を過伸長ということで、怪我の程度は軽かった。

■ ニュースチャンネル11のストーム・チェイサー(嵐追跡者)でカメラマンのデイビット・ドラモンド氏は、前夜、テキサス州ドーソン郡で雹(ひょう)の嵐を取材した後(雹は1時間15分も降り続いた)、落雷に伴って起こったラミーサのタンク火災現場へ行くように連絡を受け、現地へ飛んだ。現場到着後、タンクが爆発して噴き飛ぶ様子がビデオカメラで撮影され、インターネットを通じて紹介されたため、全米で話題になった。




被 害
■ タンク・ステーションの設備は壊滅的な被害を受けた。推定損害額は、清掃費用を含まないで、約725,000ドル(約8,000万円)程度と見込まれる。
 
■ 事故に伴って1名の負傷者が発生した。

< 事故の原因 >
■ 最初の事故原因は、落雷による貯蔵タンクの可燃性ガスへの引火とみられる。

< 対 応 >
■ ラミーサ消防署のケンドール・エイモス署長は、爆発時についてつぎのように語った。
 「タンクは “ロケットのようにファイアボールを残して離陸して” 爆発しました。 私は火災の最前線からおよそ20ヤード(18m)のところにいました。私は一組の消防士が倒れるのを見ました。そして、私は彼らを助けようと駆け出しました。ところが、塩水浄化装置のまわりには金網フェンスが設置されており、これが飛んでくる破片から消防士を守っていたのです。爆発は爆弾が破裂したようなものですから、人がケガしなかったのは信じられないことです。実際、私の頭の中をよぎったことは、死ぬことはないだろうが、火傷を負うかもしれない。しかし、生き抜かなければならないということでした。生きてここにいることは、神が私たちに手を差しのばされたということだと思っています」

■ 爆発を撮影したデイビット・ドラモンド氏は、つぎのような語っている。
 「事故の状況を撮影し始めてから約45分経過し、火災は消防隊に制圧されているように見えました。ところが、タンクの安全弁が作動したかと思うと、引火して、そのタンクと隣のタンク群が猛烈なファイアボールを伴った爆発を起こしました。
 私は200ヤード(180m)ほど離れた所にいたのですが、口径4インチの長さが1フィート半(45cm)の遮断弁の付いた配管断片がミサイルのように高い孤を描いて飛んできました。パイプ断片は途中にあった送電線を越え、こっちの方に飛んできて、私の車のフロント部に衝突し、大きく壊しました。私は車に当たった箇所から4フィート(1.2m)のところに立っていました。私の周辺には他の破片が雨のように落ちてくるのが聞こえました。
 信じられないことですが、消防士全員が無事でした。爆発したとき、タンクのすぐ前に消防士がいたにもかかわらずですよ。消防士たちはみんなよくやりました。彼らのほとんどはボランティアとして無報酬です。多くの人は、彼らが毎日私たちのために、いつでもボランティアで活動していることについて知らないのではないですか。私から皆さんへのお願いですが、ラミーサとアンドリュースの消防署に感謝の意を伝えるとともに、ボランティア部署に寄付をしてください。ボランティア部署は少ない予算で運用されているので、寄付が集まれば、本当に助かるでしょう」            
事故後のタンク・ステーションの状況
補 足
■ 「テキサス州」(Texas)は、米国南部に位置し、メキシコ湾に面する州で、人口は約2,200万人である。
 「ラボック郡」(Lubbock County)は、テキサス州北部に位置し、人口約28万人の郡である。
 「ラミーサ」(Lamesa)は、南ラボックにある町で人口9,500名の町である。
              米国とテキサス州の位置   (図はGoogleMap から引用)
■ マスルホワイト運送会社(Musslewhite Trucking Company)は主にテキサス州、ニューメキシコ州などの油田地域において運送サービスを営む会社である。 
 ラミーサにはタンク・ステーションを保有していた。タンク・ステーションには油タンクのほか、落雷のあったウィチタ水処理式塩水浄化装置(Wichita Water LLC Saltwater Disposal Unit)があった。汲上げ水をこの塩水浄化装置で浄化して、構内の浄水に利用していたものと思われる。なお、現在はタンクはなく、タンク・ステーション機能が無くなっている。

所 感
■ 今回の事故では、落雷によるタンク火災の状況(タンクの種類、大きさ、油種など)は分かっていない。注目は加圧タンクとみられる別なタンクが消火活動中に爆発したことに移っている。しかし、タンクが爆発して噴き飛ぶ状況がビデオカメラで撮影され、事故の恐ろしさを疑似体験できる。米国では、都会を除けば、ボランティア型の消防署が多く、このような消防隊の消防士にとって疑似体験できるビデオ映像は有用であろう。

■ 消火活動に関する詳細な状況は不詳であるが、落雷で発災したタンク火災は、ほぼ制圧できる状況だったとあるので、泡消火による積極的消火戦略がとられた思われる。しかし、消防活動のアクセス上の問題あるいは消防資機材不足の問題によって、まわりのタンクへの延焼防止に関する対応がうまく行かなかったものと思われる。つぎつぎと爆発が起こるような状況になり、防御的消火戦略または不介入戦略がとられ、火災は施設を壊滅的な状態にした後、燃え尽きるように消えたものと思われる。


備 考
 本情報はつぎのインターネット情報に基づいてまとめたものである
    ・Youtube.com, 05/15/09 INCREDIBLE **SLOW MOTION** TANK BATTERY EXPLOSION Lamesa, TX (in West Texas)」 ,  May 15,  2009
  ・Newschannel11.com, Oil Tank Battery Explodes Following  a Fire in Lamesa, May 15, 2009  
  ・Nationalnews com, 1 Firefighter Hurt  in Texas Tank Fire, May 15, 2009  
  ・Daviddrummond. com, Lamesa, TX Tank  Battery Fire Explosion, May 15, 2009
  ・Texas-Fire. com. Oil Tank Battery Explodes Following a Fire in Lamesa,  May 15, 2009  
  ・Statter911.com Slow Motion of Tank Farm Explosion in Lamesa, Texas., May 16, 2009


後 記: 最近は事故が起こった場合、監視カメラによる映像が報じられたり、一般市民による動画がインターネットに投稿されたり、以前とは随分様相が変わりました。今回の事故報道では、プロのカメラマンによる爆発映像がとられて報じられたものです。現在の状況のさきがけのように感じます。ということで、昔(といっても8年前ですが)の事故を紹介することとしました。